幸せへの道

 いじめから自分を守ろう
 いじめっていやだよね。でも 
 いじめはなかなかなくならない。
 いじめのしくみといじめから自
 分を守ることをご紹介いたます。


 心と出会う・自分を好きになろう
 あなたは自分と出会っていますか 
 本音の自分と出会うことをしないで
 いつも周りばかりみている人は
 自分を見失ってしまいます。



 自分を愛する・私はあなたの味方
 この世において、最も尊いものは
 「愛」です。しかし、自分を愛する
 ことのできない人がなんと多い
 ことでしょうか。



 心の声を聴くために・

 口から出た言葉ではなく、心の声
 心の叫びというものがあります。
 それは耳で聞いた声というよりは、
 ハ−トで受けとめる声なのです。



 心の病は人間関係の病
 神経症、うつ病などの心の病を
 訴える人が増えています。
 人は人によって傷つきますが
 同時に人によって癒されるのです。



 心理学って何・心を探求して
 心理学は心の世界を探求する学問
 です。心の世界は目で見ることは
 できませんが、それだけに私たち
 人間の本質が心にあるのだ
 といえます。


 育ちあう心・ともに生きる
 人間は、この字にも表されている
 ように、「ともに生きる」存在
 です。より人間らしく生きるため
 に、「ともに生きる」ことを提案
 します。



 福祉の心・弱さへのまなざし
 福祉は単に外面的なな制度を整え
 ただけでは成り立ちません。むし
 ろその内面にある「心」から生ま
 れてくるものです。


 人間の発達のみちすじ
 子育てにおいても、人と関わるこ
 とすべてにおいても、人がどのよ
 うな発達のすじみちをたどるのか
 知っておくことは重要です。

 シュタイナ−教育・子育て
 教育は学問ではなく、芸術である
 ドイツに始まり、今世界中で着実
 に増え続けている「シュタイナ−
 学校」、競争原理を超えた教育と
 は。


 隣人を愛する・生命との出会い
 愛することの、「深さ」「広さ」
 「長さ」「高さ」を追求していき
 ましょう。それは必ず、自分自身
 も生かされている生命への畏敬に
 つながります。
 


 聖書の人生観・人生の土台
 聖書が私たちに教え、求めている
 ことは、一言で言えば、「愛する」
 ことです。自分と人とを愛するた
 めの原動力は、愛されていること
 を知るところから生まれてきます。



 「青少年犯罪」を考える
 青少年の犯罪が増加しているとい
 われています。その内容も陰湿で
 あったり、凶悪化しているという
 指摘もあります。その背後にある
 ものは・・・。
 


 「結婚」を考える
 家庭崩壊という言葉をよく聞くこ
 とがあります。家族の絆も弱くな
 っている傾向がみられます。結婚
 と家庭について考えてみましょう。



 「老いと死」を考える
 私たちは、やがて「老い」を迎え、
 「死」を迎えることになります。
 そのための備えをしているでしょ
 うか。老いの心に寄り添うことが
 できますように。


 「うつ」を考える
 誰しも憂鬱な気分になることがあ
 りますが、生活に支障をきたすほ
 どの「うつ病」になってしまう人
 が増えています。そんな時、ある
 いはそういう方にどのように接し
 たらよいのでしょうか。

 「自殺」を考える
 日本は世界有数の自殺率の高い国
 であり、近年は特に自殺者が記録
 更新しているという状況です。
 自殺を回避するために。


 「劣等感と優越感」を考える
 子供のころから比較されて育って
 きた私たちには、いつのまにか
 劣等感と優越感によって自分の心
 が支配されてしまっているように
 感じてはいないでしょうか。



 「登校拒否・ひきこもり」を考える
 自分でもどうしてなのかわからな
 い。行かなくちゃ、と思いながら
 も行くことができない。これは誰
 にでも起こり得ることだといわれ
 ています。


 「子供の虐待」を考える
 虐待によって心の傷を受けた子供
 いのちを奪われた子供たち。彼ら
 の心は、他の誰にもこんな苦しみ
 を味わわせて欲しくないと訴えて
 います。



 「ドメスティックバイオレンス」
 を考える
 身体的、経済的、精神的、社会的
 性的暴力を受けた女性や子供たち
 の数はとても多いことに驚きます。
 



 小さないのちを守る
 胎児や子供、貧しい人たちは、無
 視されたり、ないがしろにされて
 いても訴えることができません。
 彼らの心の声を聴く者になりたい
 と思います。



 自由への道・
 自由はとても大切なもの
 世界の歴史はある意味では自由を
 獲得するための戦いの歴史でした
 本当の自由とは何でしょうか。



 平和への道・
 誰もが平和を願っています。
 しかし、争いや戦争が絶え間なく
 起こっています。平和は、願うだ
 けではなく、創り出すものです。


 祈りへの道・
 心の架け橋が生まれてくるように
 なり、互いの思いを共感するよう
 になると、私たちは相手に対する
 「祈り」の心をもつのではないで
 しょうか。


 希望への道・
 若者も、お年寄りも、将来に希望
 をもてないという人が何と多いこ
 とだろうかと思います。私たちの
 希望はここにあります。


 笑いとユ−モアの効用
 ユ−モアの大切さは、度重なる失
 敗を通して、苦しみを経験する中
 で知ることができるようです。



 恵那キリスト教会へようこそ
 岐阜県恵那市にある教会です。
 赤ちゃんからお年寄りまで、どな
 たでもみなさんのおいでをお待ち
 いたしております。礼拝は、
 毎週日曜日 午前10:30




  

心ゆたかに!自分と相手を活かす魔法の言葉

   

明日が待ち遠しくなる言葉。男と女、親と子、職場、社会における、あらゆる人間関係を豊かにする言葉。今を生きる言葉、をご紹介していきます。心ゆたかに歩く・自分と相手を活かす魔法の言葉、あなたの心に、そして周囲に幸せの種を届けてください。

   =====================================================================
      心豊かに!自分と相手を活かす魔法の言葉     
   ___  へ ───−               遠山信和
      // \   −−─  連絡先    info@grace-et.com
     / /   \ /\     URL   http://www.grace-et.com
   =====================================================================

天国の特別な子ども

会議が開かれました

地球からはるか遠くで

また次の赤ちゃん誕生の時間ですよ

天においでになる神さまに向かって

天使たちは言いました

この子は特別な赤ちゃんで

たくさんの愛情が必要でしょう

この子の成長は

とてもゆっくりに見えるかもしれません

もしかして

一人前になれないかもしれません

だからこの子は

下界で会う人々に

とくに気をつけてもらわなければならないのです

もしかしてこの子の思うことは

なかなかわかってもらえないかもしれません

なにをやっても

うまくいかないかもしれません

ですからわたしたちは

この子がどこに生まれるか

注意ぶかくえらばなければならないのです

この子の生涯が幸せなものとなるように

どうぞ神さま

この子のために

すばらしい両親をさがしてあげてください

神さまのために特別な任務を

引き受けてくれるような両親を

そのふたりはすぐには気付かないかもしれません

かれらふたりが

自分たちに求められている特別な役割を。

けれども天から授けられたこの子によって

ますます強い信仰と豊かな愛をいただくようになることでしょう

やがてふたりは自分たちに与えられた

特別な神の思し召しを悟るようになるでしょう

神から贈られた

この子を育てることによって

柔和で穏やかな

この尊い授かりものこそ

天から授かった特別な子どもなのです。


それから、聖書、マタイによる福音書五章一四節からの引用を載せておきました。

ここには次のようにあります。

「あなたがたは世の光である。山の上にある町は、隠れることができない。また、ともし火をと

ます

もして升の下に置く者はいない。燭台の上に置く。そうすれば、家の中のものすべてを照らす

のである。そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい」。

聖書のなかでわたしが一番好きなところです。

「あなたがたは世の光」というところの「あなたがた」を、「障害を持った子ども」に置きかえて

みて下さい。「障害を持った子ども」たちは「世の光」ということになります。

そのような「光」に照らされると、わたしのような親をはじめとして、たいていの人々は逃げ隠れすることができなくなってしまいます。それくらい強烈なメッセージを持った、そういう存在なのです。

そういう子ど

もたちですから、升の下に置いたりするような人はいなくなって、目立つところに置くわけです。

そうすると、いろいろな人を照らしてくれます。障害を持った子どもたちが、その子なりに光輝く

ように、わたしたちは手助けをしないといけないということでもあると思います。

わたしたちが実は光であるかれらに助けられているのです。

わたしはこの個所を読んだときに、ああこの「光」とは、うちの「拓野」をはじめとするような、

障害を持った子どものことなんだと思いました。

ほんとうにわたしにとっては、かれが「光」ですし、彼の「光」にいつでも照らされています。

まぶし過ぎて、まともに顔を見られないような時があったりします。

 玉井真理子 「てのひらのなかのいのち」 

 「喜びのいのち」 信教出版社 より


玉井真理子さんは、ダウン症の長男を含めて、4児の母、信州大学医療技術短大助教授

出生前診断の問題点を探るなど、ご自身の体験を通して、いのちをまもり育むための活動を

しておられます。

ご感想や、応援メ−ル、お待ちしています。    




    ★.:*:.♯.:*:.♂.:*:.♪.:*:.♀.:*:.♭.:*:.♀.:*:.♪.:*:.♂.:*:.♯.:♪.:*:.☆
                                           
                 ☆          ≪ 幸せへの道 ≫   
        ___/_                                 
       \   〇/   彡        By  遠山信和    
          \/          ★                      
            ‖                 info@grace-et.com     
            ‖              http://www.grace-et.com/          
         ̄ ̄ ̄                                  
    ★.:*:.♭.:*:.♀.:*:.♪.:*:.♂.:*:.♯.:*:.♂.:*:.♪.:*:.♀.:*:.♭.:*:.♪.:*:.☆


心ゆたかに!幸せを運ぶファンタスティックスト−リ− 心ゆたかに!自分と相手を活かす魔法の言葉

メールマガジン登録 登録フォーム
解除フォーム

Powered by Mag2 Logo


メールマガジン登録 登録フォーム
解除フォーム

Powered by Mag2 Logo

心ゆたかに!自分と相手を活かす魔法の言葉(PRJAPAN)

メルマガ登録/解除
Powered by PRJAPAN mail
メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください
 
 
メールアドレスを入力し、解除ボタンを押してください
 

心ゆたかに!自分と相手を活かす魔法の言葉


映画 DVD 映画21 絵本21 楽しい絵本 英会話21 できる英会話 音楽21 生活用品21 ファッション21 ブランド21 一流のブランド製品が揃う うまいもの市場21 暮らしと生活ガイド21 パソコン・家電21 ゲ−ム21 情報起業21 ネットビジネス キャッシング21 キャッシングサ−チ ネットショップ21 テレビショップ21 
Copyright (c) 2005-2006 幸せへの道 生活情報 All Rights Reserved